オンとオフでカラコンも使い分けます

オフィスでは、ナチュラルメイクをするため、なかなか休日のようにメイクが映えないなと思っていた矢先、ネットでRuth Chiffon(ルースシフォン)を発見し、値段とナチュラルさに惹かれ、購入し、装着しています。

 

ギャル向けの激安カラコンと変わらないか、むしろ安いくらいのコストパフォーマンスですが、実際使ってみて、品質はかなり良いと思いました。

 

安かったのでブラウンとブラック両方購入しましたが、ブラウンの方が自然で、ブラックは太陽光の下や強い光の下だと、フチがはっきりするため、カラコンを付けていることが分かる感じです。

 

値段はネットで購入すると安いですが、2週間交換ですので、しっかりケアをすれば乾燥も特に感じません。たまに夕方にごろごろする感じはありますが、目薬をさせばおさまる程度です。

 

オフィスでもブラウンを使っていれば、カラコンとばれたことはありません。それくらい自然なので、男性受けもよく、「メイクを変えた?」などと言われるくらいです。

 

また、黒眼がはっきりするので、普段よりナチュラルメイクができるようになり、メイク時間も短縮することができました。フチはうっすらグラデーションになっているので、白目との境目もかなり自然で、使いやすいです。

 

Ruth Chiffonは若いギャル向けというよりは、仕事をしている大人の女性向けという感じなので、カラコンの不自然さや、無駄に大きな直径が嫌という人には向いていると思います。

 

以前、1年使用可能のカラコンをネットで購入した時は、酸素透過率が悪く、眼科にかかったこともありましたが、Ruth Chiffonは酸素を多く目に通す設計になっているので、毎日使っても目に負担があまりなく、安心して使えるレンズです。

 

ギャル向けの着色直径が大きいものは、色の付いている部分はほとんど酸素を通さないため、角膜を傷つける可能性が高くなりますが、このレンズは毎日使える設計になっており、仕事をしている20〜30代の方にはぴったりです。